Videosymposium mit der Universität Kansai

Wo kann man Japanisch nicht nur in der Alltagskommunikation anwenden, sondern auch in akademischer Diskussion? Die Videokonferenzen mit japanischen Universitäten sind eine ganz besondere Gelegenheit, zu diskutieren und eigene Ergebnisse vorzustellen. Horie-San berichtet jetzt vom ersten Videosymposium mit der Universität Kansai (Ôsaka), bei der sich unsere Studierenden hervorragend auf Japanisch präsentiert haben – und gibt gleichzeitig noch einige Tipps für Diskussionsvokabular:

©Modernes Japan

7月8日(金)と9日(土)の2日間で、大阪 (おおさか)にある関西 (かんさい)大学とテレビ会議 (かいぎ)によるシンポジウムをしました。バチェラーとマスターの学生が8人参加 (さんか)して、この夏学期の間、僕は島田先生と一緒に「上級 (じょうきゅう)者のためのeラーニング」というゼミで、準備をしてきました。このシンポジウムまでに私達は関西大学の学生さんと2回テレビ会議をしました。1回目は学期の初めで、自己紹介 (じこしょうかい)発表 (はっぴょう)テーマの紹介をしました。こちらからの発表は4本で、テーマは次の通りです。

シャーロッテ・シュナイダー、ザブリナ・フィービッヒ
デュッセルドルフのギムナジウムにおける日本語授業

リザ・ヴェンティッヒ、ザビーネ・クリングス
日本とドイツにおける難民 (なんみん)状況 (じょうきょう)

ジェシカ・ヤコブ、ルドゲラ・レヴェリッヒ
映画に (えが)かれた在日 (ざいにち)コリアン

イエンス・マイブルム、アンナ・ホルシマン
戦争の記憶 (きおく)についての日独比較 (ひかく)

その一ヵ月後の2回目は「中間発表 (ちゅうかんはっぴょう)」としてお (たが)いで発表してみたいことや、発表してほしいことについて話し合いました。そして、シンポジウムの一週間前にはModernes Japanの参加者だけでリハーサルをしました。ここでは、発表の (こま)かい表現や、技術 (ぎじゅつ)確認 (かくにん)もしました。

参加者たちは、当日までにハンドアウト、パワーポイント、そして原稿 (げんこう)の準備をしました。 (とく)に最後の1,2週間は大変だったと思いますが、みんなよくがんばって準備したと思います。

©Modernes Japan

シンポジウムは2日間とも朝の9時から始まりました。日本と時差 (じさ)があるためです。ドイツの朝9時は、日本の16時です。

関西大学の学生さんは、マスターとドクター課程 (かてい)の学生さんたちです。テーマは次の通りです。

-「在日コリアン高齢者 (こうれいしゃ)の年金問題」、「日本の言語教育における文化教育の重要性 (じゅうようせい)
-「日本のナショナリズムの根底 (こんてい)にあった「国体 (こくたい)

― 第二次世界大戦時の朝鮮 (ちょうせん)における教育」

どれも私たちのテーマと共通点 (きょうつうてん)があります。発表の言葉は、関西大学の1人の学生さんは英語での発表でしたが、基本的 (きほんてき)には両方 (りょうほう)の大学とも日本語での発表でした。どちらの大学の学生にとっても、このシンポジウムのための日本語の発表の準備はとても大変だったと思います。

Modernes Japanの学生にとって、デュッセルドルフ大学内で学術的 (がくじゅつてき)な発表を日本語でする機会 (きかい)はあまりありません。普段使わない単語を使うので、例えばリハーサルのときには、江戸時代の人が使うような日本語が出てきたこともありました。また、僕も「プレゼーテーションに使う表現集 (ひょうげんしゅう)」を作って学生に使ってもらったりしました。例えば、発表の最初には

・それでは、ただ今から始めさせていただきます。とか、
・まずはじめに、発表の内容について簡単 (かんたん)にご説明 (せつめい)します。

などといいますね。

また、 (ひょう)の説明で、2つのものを比較 (ひかく)する時は、

・Aが・・・であるのに対して、Bは・・・。
・Aは・・・。一方、bは・・・。

と言ったりしますね。

また、発表を通して、いろいろなところで関西大学の学生さんがすごく「わかりやすい」日本語を準備するのに苦労 (くろう)されたんだなあということがわかりました。

関西大学とはテレビ会議を始めて4学期目になります。今までは、テーマの (むずか)しさにもよりますが、話のスピードが速すぎたり、パワーポイントの日本語が難しすぎたり、単語 (たんご)のレベルが高すぎたりということもあったのですが、今回はどれをとっても非常に分かりやすいものでした。特にこの点で関西大学の (みな)さんに心から感謝 (かんしゃ)したいです。みなさんのプレぜーテーションの工夫のおかげで、いろいろなことについて興味深いディスカッションをすることができました。

©Modernes Japan

このような2日間のシンポジウムの予定は今のところありませんが、来学期以降 (いこう)も関西大学とのテレビ会議を通した交流 (こうりゅう)を続けていきたいと思います。

単語リスト
難民 (なんみん) Flüchtlinge
在日 (ざいにち)コリアン in Japan wohnende Koreaner
中間発表 (ちゅうかんはっぴょう) Zwischenbericht
記憶 (きおく) Erinnerung
(こま)かい fein, detalliert
原稿 (げんこう) Manuskript
課程 (かてい) Studiengang
高齢者 (こうれいしゃ) Greis
根底 (こんてい) Fundament, Grundlage
国体 (こくたい)(japanisches) Staatswesen
感謝 (かんしゃ) Dankbarkeit
以降 (いこう) (zeitlich) ab…, nach…
交流 (こうりゅう) Austausch

Ein Gedanke zu „Videosymposium mit der Universität Kansai

Schreib einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind markiert *