Interview mit Aozora-san

Heute geht es weiter mit unserer kleinen Interview-Serie: Horie-San im Gespräch mit Aozora-San, unserer Teaching Assistant über das Leben in Düsseldorf, ein geplantes Cafè-Projekt und… japanisches Essen! Viel Spaß beim Lesen!

©Modernes Japan

©Modernes Japan


あおぞらさんは今までに海外の長い生活をしたことがありましたか。

大学時代に旅行で一週間パリに、そして韓国 (かんこく)、タイに数日行ったことがありますが、長い海外での生活は今回のドイツが初めてです。

あおぞらさんは日本語教育 (きょういく)実習 (じっしゅう)でこちらに来ていますが、どんなことをしていますか。

現在 (げんざい)、ふじた先生など、日本語の先生の授業 (じゅぎょう)に出させてもらって、授業のアシスタントをしています。この夏学期は、ほりえ先生とこうかんで日本語IIの授業をします。そして、Hörer aller Fakultätenの授業もたんとうします。

先学期もいろいろな授業に出て、アシスタントをしていましたが、Modernes Japanの学生の印象 (いんしょう)は?

うーん、とにかくまじめですね。

「まじめ」ですか?

日本の大学生とくらべれば、まじめですよ! だって、(日本の学生は)寝てますもん! こちらの学生は、みんなおきているし、ちゃんと話も聞いているし、すごいなあと思います。

日本からドイツへ来て、生活のリズムがかなり変わりましたか?

早おきになりましたね。日本では午後の授業を多くとっていますから、、、。
そして、こっちの生活って、のんびりしてますよね。

特に週末はそうだよね。

はい。あと、日本でもひまはあるんですけど、でもひまがあると、すぐにバイトとを入れて、それで週末も特に休まないでまた月曜日が始まるというパターンですよね。

日本にいれば、それがふつうだからね。

でも、一回こっち(ドイツ)へ来て、また日本にもどって、バイト生活をしようと思うと、ちょっと、、、、。今ふりかえると、あの生活はけっこうきつかったなあって思います。日本に帰ったら、日本の生活にまたなじめるかなあって、考えますよ。

僕もそんなこと、考えることもあるね。

© Modernes Japan

© Modernes Japan

何か、ドイツで気に入らないことはありますか。

そうですねえ、、、。電車が (おく)
れますよね。遅れるし、 ()まるし。すごいですね。
あと、、、お店の人がこわい! でも、このまえ一度、お友達のさおりさんといっしょにケンタッキーに行ったときに、お店のカウンターの人がすごくニコニコしているんですよ。ハハハ。その人たちはお客さんからもほめられていましたし。でも、そのときに、(つくり)笑顔 (えがお)も気持ち悪いなと思いました。よく見ると、彼女たちはレジをしている時はとてもまじめな顔をしているんですよ。そのギャップがすごくて、、、。

あおぞらさんはドイツへ来てからまだ半年ですけど、日本に帰りたいと思うことはありませんか。

うーん、やっぱり、「さばのみそに」が食べたい時とか、、、

い、いいねえ!! お魚だねえ!

それで、お酒といっしょに。あと、 ()き鳥とか、、、。

うーん、あおぞらさんと話をしているって感じですね。

あ、、、。あとほかには、カラオケに行きたいですね。

そうだよね。日本だったら普通に午後とかでもいけるし。

飲み会のあととか、よく行くし。

デュッセルフドルフで気に入っている場所はありますか。

いや、まだ見つからないですね。行きつけのレストランとかもないですし。あ、でも、ゆき子さんに教えてもらった、アルトシュタットの旧市庁舎 (きゅうしちょうしゃ)のよこにある、チョコレートとカカオのお店によく行きますね。あと、お友達のゆかちゃんの部屋です。おちつくんですよねえ。

デュッセルドルフでよくすることはありますか。

はい、まいさんと二人で「カフェ開拓 (かいたく)」をしているんですよ。

ノートもつくっているんだよね。僕も今度連れていってください。

いいですよ、もちろん!!

さて、次の質問ですが、好きな食べ物は?

(長い間考えたあとで)ケーキ。特に、Aachenの「Made in Aachen」というお店の中にあるカフェのケーキがおいしいんですよ!ゆき子ちゃんとさいしょに来たときにとっても感動 (かんどう)
して、、、。

いくつ食べたの?

一つですよ!!

、、、月に一度行ってるんです!

日本の食べ物では?

(すぐに)豆大福 (まめだいふく)
! とくに (しお)
豆大福というのが一番すきです!! あの塩味と、あんこの甘みがうまくあっているんです。

©Modernes Japan

©Modernes Japan

あと、クリームパンとか、牛乳プリンとか。

牛乳プリンは最近 (さいきん)
自分でも作れるようになったんですよ!

Gefährlich, ね。

あと、 (あま)いもの以外では、「にら玉」ですね。私の母のにら玉がとっても好きなんです。

あおぞらさんは料理が得意だと聞きましたよ。

まあ、やればできますよ!

得意料理は何ですか?

うーん、なんだろう。「肉じゃが」かな。みりん、しょうゆ、だしを使った料理が得意ですね。ほかには「親子丼 (おやこどん)
」とかも。

ビールは飲みますか。

飲みますよ! アルトビールもおいしいと思いますよ。あと、しょうちゅうも。「いもしょうちゅう」が好きですねえ。でも、ふだんはあまり飲みません。

ドイツでしてみたいことはありますか。

さっきもいいましたが、「カフェ開拓 (かいたく)」をしたいです! あと、さんぽしながら町をいろいろ歩いてみたいですね。旅行とかも。

最後にひとことどうぞ!

こんな私ですけど、よろしくおねがいします!

単語リスト

こうかん im Wechsel

まじめ fleißig

のんびり bequem, ruhig

、、、になじむ sich an etw. gewöhnen

レジ Kasse

さばのみそに Makrele in Misopaste

おちつく beruhigt

行きつけの店 Stammkneipe, -cafè, -restaurant

豆大福 (まめだいふく) mit Bohnenmus gefüllte Mochi

カフェ開拓 (かいたく)
Entdeckungstour durch Düsseldorfer Cafès

旧市庁舎 (きゅうしちょうしゃ) altes Rathaus

にら 玉 (たま) etwa: Rührei mit Frühlingszwiebeln

肉 (にく)じゃが “Fleisch-Kartoffeln“: typisch japanisches Familienessen: beides wird mit Sojasauce zusammen gekocht

親子丼 (おやこどん) „Eltern-Kind“: ebenfalls Essen: Hühnerfleisch mit Ei in einer Schüssel mit Reis

しょうちゅう alkoholisches Getränk auf einer Basis von Reis, Gerste, Zuckerrohr oder Süßkartoffel. Oft für Chûhai verwendet.

Schreib einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind markiert *